半導体特需

 世界最大の半導体受託製造会社・台湾積体電路製造(TSMC)が南部の台南市で進める巨大な工場建設現場では、クレーンや掘削機など大型車両がひっきりなしに出入りしている、と2021年2月21日日曜日の日本経済新聞が報道しています。TSMCの新工場では、世界最先端の回路線幅3ナノメートルのチップを製造しています。量産開始、2022年後半の予定…
コメント:0

続きを読むread more

英中関係

英中関係の悪化が懸念されています。中国が香港への統制を強めたのをきっかけに、英国が反発している、と2021年2月20日土曜日の日本経済新聞が報道しています。英国が香港住民向けに始めた新たなビザ制度について、受付開始から約2週間で約5000人の申請があった、とのことです。 以上
コメント:0

続きを読むread more

日朝貿易

北朝鮮の対外貿易が急減しています。コロナによる境界封鎖から一年以上が過ぎ、中国との貿易総額は、2020年に20年ぶりの低水準となった、と2021年2月19日の日本経済新聞が報道しています。北朝鮮は、時計やカツラの輸出が減り、電気の輸出だけが増える中で、外貨を得ようと焦っています。キム・ジョンウン氏は、軍需工業部門の計画を徹底遂行するよう…
コメント:0

続きを読むread more

サンズ・チャイナ

香港警察が、2021年2月17日水曜日までに、収監中のジミー・ライ氏を香港国家安全維持法に違反した容疑で再逮捕したことが、2021年2月18日木曜日の日本経済新聞で報道されました。一方、17日の香港株式市場では、マカオでカジノを運営するサンズ・チャイナが続伸したことも、同日の日本経済新聞で報道されました。 以上
コメント:0

続きを読むread more

ランサムウェア

北朝鮮がランサムウェア(身代金要求型ウイルス)による企業脅迫型のサイバー攻撃を急増させていることが、情報関係者への取材で明らかになった、と2021年2月18日木曜日の日本経済新聞が報道しました。暗号資産を脅し取り、中国で現金化している、とのことです。年間1000人の「サイバー戦士」を育成し、制裁下での外貨獲得策を確立しようとしています。…
コメント:0

続きを読むread more

インドネシア投資

中国と韓国が、インドネシアへの投資を増やしていると、2021年2月16日火曜日の日本経済新聞で報道されました。また同日に、韓国では、15日月曜日の韓国株式市場で、石油大手のSKイノベーションが急落したことも報道されました。 以上
コメント:0

続きを読むread more

生協「パルシステム」

安全・安心・簡単・便利な生協の宅配! 広告内容(ユーザー向け) ※スペックやキャンペーン等、 当説明文の内容につきましては 変更になっている可能性がございますので、 必ず広告主サイトを参照の上、ご利用下さいませ。 産地直送と環境にこだわった、おいしくて安心できる食材を、週に一度ご自宅まで届けてくれる生協の便利な宅…
コメント:0

続きを読むread more

生協の宅配「おうちCO-OP(おうちコープ)」の資料請求&おためしセット&Web利用申込プロモーション(生活協同組…

生協の宅配「おうちCO-OP(おうちコープ)」の資料請求、おためしセット申し込み、Web利用申込が成果対象となるアフィリエイト・プロモーションです。 生活協同組合ユーコープが運営する、食材宅配サービス「おうちCO-OP」(おうちコープ)をサイトやブログでご紹介ください。 神奈川県・静岡県・山梨県にお住まいの方からの資料請…
コメント:0

続きを読むread more

【コープきんき】宅配生協の資料請求|コープの安心食材・日用品宅配

生協(コープ)の宅配サービスの資料請求プロモーションです。 きんきエリアで200万人の方が利用していただいています。 週に1回、ご自宅まで安全・安心に配慮した商品をお届けしている生協の宅配サービスです。 食料品や衣料品・雑貨まで、暮らしに役立つ商品を取りそろえています。 多くのプレママやママが便利に利用しておられます。 …
コメント:0

続きを読むread more

【みやぎ生協・コープふくしま】宅配生協の資料請求/加入|コープの安心食材・日用品宅配

■サービス/商品の概要 安全・安心・新鮮な食品、お酒も日用品もお家に届く、みやぎ生協・コープふくしまの宅配サービス『個人宅配』です。 生協のメンバーの方もそうでない方も、ネットで個人宅配のお申し込みができます! 生協(コープ)は地域ごとに申し込みが分かれています。 このプロモーションでは、主に「宮城県」「福島県*1」が対象地…
コメント:0

続きを読むread more

時価総額を伸ばした半導体関連銘柄

 半導体関連企業の企業価値が高まっています。5G対応やコロナ禍に伴うテレワークで需要が拡大しているのが支えです。台湾積体電路製造(TSMC)の時価総額はこの1年で2倍になり、1月下旬には6000億ドルを越えて世界第一位となったことが、2021年2月13日土曜日の日本経済新聞で報道されました。米エヌビディアも2010年末に比べれば36倍に…
コメント:0

続きを読むread more

北朝鮮の経済統制と日米韓の動き

北朝鮮は2021年2月8日月曜日から4日間に渡り、朝鮮労働党中央委員会総会を開いた、と2月13日土曜日の日本経済新聞が報道しています。また同日、ブリンケン米国務長官が、12日金曜日に、韓国のチョン・ウィヨン外相と電話協議し、日米韓協力の継続が重要だとする認識で一致したことも報道されました。 以上
コメント:0

続きを読むread more

ブラックベリー復活

米スタートアップのオンワードモビリティーは、2021年にキーボード搭載のスマートフォン「ブラックベリー」を復活させる予定だと、2021年2月12日金曜日の日本経済新聞が報道しています。台湾の鴻海精密工業グループと5G対応の製品を開発しようとしています。 以上
コメント:0

続きを読むread more

米中電話協議

バイデン米大統領と中国の習近平国家主席は、2021年2月10日水曜日、電話協議し、バイデン氏は、中国による香港民主派への圧迫や、台湾を含む地域での行動が攻撃性を増していることに対する懸念を伝えました。 以上
コメント:0

続きを読むread more

ルネサス黒字

2021年2月10日水曜日、ルネサスエレクトロニクスは連結決算を発表し、456億円の黒字となったことが、2月11日木曜日の日本経済新聞で報道されました。5Gの普及や、巣籠もり需要の高まりで、利益率の高い半導体が伸びたことが、大きく起因しています。 https://youtu.be/vymtJOppAyE 以上
コメント:0

続きを読むread more