AIによる技術革新

人工知能(AI)技術を活用した企業向けソフトウェアを手掛けるシンガポールの新興企業・タイガーが注目を集めている、と2021年1月22日金曜日の日本経済新聞が報道しています。 以上
コメント:0

続きを読むread more

ジョー・バイデン氏就任に寄せて

ジョー・バイデン氏の米国大統領就任を受け、各国指導者からは期待の声が上がり、韓国の文大統領は、国家安全保障会議(NSC)を開催し、台湾からは、就任式に駐米代表が招待されたことが、2021年1月22日金曜日の日本経済新聞で報道されました。 以上
コメント:0

続きを読むread more

外相交代

韓国で元慰安婦の女性12人(故人を含む)が日本政府に損害賠償を求めた訴訟で、ソウル中央地裁は2021年1月8日金曜日、原告の請求を認め、日本政府に1人当たり1億ウォン(約950万円)の賠償を命じました。このことについて、18日月曜日に、日本経済新聞紙上で再度論評がありました。 韓国では他に、20日水曜日、カン・ギョンファ外相の後任に、…
コメント:0

続きを読むread more

配車グラブの上場

ロイター通信は、2021猫1月18日月曜日、東南アジアの配車最大手グラブが、年内の米国上場を検討している、と報じました。上場時に少なくとも、20億ドル(約2080億円)の資金を調達する計画だとのことだと、1月20日水曜日の日本経済新聞か報道しました。 以上
コメント:0

続きを読むread more

半導体不足

米政府による、中国企業への制裁により、世界で半導体不足が深刻になっている、と2021年1月20日水曜日の日本経済新聞が報道しています。中国のSMICなどが標的となり、台湾勢などに注文が集中する状態となっています。また、台湾では19日火曜日に、北部の病院で院内感染によるクラスターが発生しました。 以上
コメント:0

続きを読むread more

再収監

経済の好調さに反し、韓国サムスン電子トップのイ・ジェヨン副会長が前大統領らへの贈賄などの罪に問われ、差し戻し審で懲役2年6月に実刑判決を、2021年1月18日月曜日に言い渡されたことが、19日火曜日に日本経済新聞で報道されました。また、同日文大統領も、慰安婦問題で日韓関係や北朝鮮非核化の尽力への力不足を指摘されました。 以上
コメント:0

続きを読むread more

香港と韓国

2021年1月17日日曜日は、四小龍に関する記事が日本経済新聞には掲載されていなかったので、僅かに記載されていたニュースについて言うと、米国がバイデン政権になると、コロナの影響で米中対立の激化は避けられるとの楽観論が多いとのことです。また、日韓関係が最悪の今、駐韓大使を勤める人の記事も載っていました。 以上
コメント:0

続きを読むread more

ローカル5G

日本のオリックスが、5Gのインフラ事業に参入することになったと、2020年11月2日月曜日の日本経済新聞が報道しています。 https://youtu.be/Ydcd7rAzdXo 以上
コメント:0

続きを読むread more

SLBM

北朝鮮は、2021年1月14日木曜日、平壌で3ヶ月ぶりの軍事パレードを開きました。潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)などの新型兵器を公開し、米国のバイデン政権に向けて軍事力を誇示する狙いです。韓国の国家情報院で分析官を務めたクァク・キルソプ氏は、 「対米圧迫と指導力誇示のため、急いで模型を登場させた可能性がある。」 と指摘した、と2…
コメント:0

続きを読むread more

中台連合

台湾の鴻海精密工業と中国の民営自動車会社が、折半出資で新会社を設立することになった、と2021年1月14日木曜日の日本経済新聞が報道しています。同日は他にも、台湾のIT景気先行指標が2020年12月に過去最高となったこと、及び米政府がトランプ政権の内部文書を公表して、再び台湾を巡る米中問題が再燃したことも報道されました。 以上
コメント:0

続きを読むread more

米金融の混乱

中国企業への株式投資を禁じる大統領令ですが、一旦投資停止を発表しておいて、すぐに撤回しているので、香港取引所を巻き込んで、米金融機関は混乱している、と2021年1月14日木曜日の日本経済新聞が報道しています。 以上
コメント:0

続きを読むread more