一作品ごとの中心人物

エラ・キンブルの代わりに、アンとダイアナをお茶に招待することになったラベンダー・ルイスですが、アンの将来のおばあさん的な性格の女性であったようです。自分の使用人の下女を、「シャーロッタ四世」と読んだりする面白いところがあるようです。
「アンの夢の家」では、ジム船長が、その作品の中心人物でしたが、「アンの青春」ではらどうやらこのラベンダー・ルイスが、中心人物であるようです。
以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック