EU離脱に揺れる英国と原発事業で行き詰まる日本

2011年3月11日金曜日、東日本大震災によって、日本の原発技術の脆弱性が露呈しました。しかし、これを機に、日立製作所は英国事業に乗り出しました。当時は、英国が三兆円のうちの二兆円を負担する計画があったからです。
ところが、英国はEU離脱で揺れに揺れ、議会と対立するメイ首相の率いる政府には、事業資金を負担する余裕など、当然あり得ません。2019年1月17日木曜日、日立製作所はついに英国での原子力発電所新設事業を凍結して、巨額の損失を計上することを発表したのです。
以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック