小西玲太郎氏「社畜なんてやまちゃえば」

小西玲太郎氏のラインに登録していたら、たまたま彼の図書を六冊ほど無料でプレゼントしてくれるという企画があり、兼ねてからよく知っていた彼の本を全部読んでみようと思いました。まず与えられたのは、「社畜なんてやめちゃえば」という図書でした。読み進めていくうちに、まず、
「何かをやろうとして、これしか方法がないと、いつも思ってしまっていないだろうか?」
と思いました。これ以外に何か方法があるかもしれない、と考えたことがあっただろうか、と思ったのです。
生活のためにいたしかたなく会社勤めをするのであれば、自分の知力・体力・時間は、自然と拘束されていきます。でも、日常・時間・体力・コミュニティーのそれぞれのパターンブレイクを意識的にしていかなければ、自身の本当の能力は磨かれないし、発揮されないていかないのです。私が真にやるべきことは、確かに勤め人ではありません。自分の合気道教室を持ちつつ、大君著書を持って、ネットショップを立ち上げ、何億もの資産を築く。それが、本来自分のやるべきことだと気付かせてくれたのが、小西氏のこの図書でした。あと五冊も早く読みたい、最初のこの思いに変化が起こることはありえません。小西氏のラインにずっと登録していて、ラッキーな六冊中の一冊をまず読み終えたのは、2018年9月30日日曜日のことでした。
以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック