暗号通貨監視強化体制

日本のメディアにとっては、相変わらず暗号通貨というこ言葉よりも、仮想通貨という言葉の方が板についているようですが、価格が高騰し続けて、あれだけ騒がれていたビットコインも、何と最近では価格が下がり始めているので、人によって衝撃の受け方に差があるところだと考えられます。コインチェックの一件以来、金融庁も監視を強化し、2017年4月施工の改正資金決済法に基づき、無登録業者の営業を厳しく取り締まり始めたことが、2018年2月11日日曜日の日本経済新聞上で報じられています。世界共通の貨幣としての役割を期待され、今後の世の中には不可欠であった筈の暗号通貨ですが、最大の目的は、高度なセキュリティーをどこまで可能にできるか、であり、安全性の維持をどのように継続して行えるかにあるのです。
以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック