テーマ:アジア四小龍の経済

コロナ抑制のための強力な司令塔

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の中で、韓国と台湾はいち早く感染抑制の目途を付け、欧州各国からも模範例と見られるようになった、と2020年4月21日火曜日の日本経済新聞が報道しています。共通しているのは、強大な権限を持つ司令塔を柱とした危機管理体制の周到さと、感染症リスクへの感度の高さです。背景には、重症急性呼吸器症候群…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港民主派一斉逮捕

香港警察が2020年4月18日土曜日、昨年の違法なデモを呼びかけ、参加した容疑で民主派15人を逮捕したことを受け、欧米から批判が相次いでいる、と2020年4月20日月曜日の日本経済新聞が報じています。ポンペオ米国務長官は声明で、 「中国政府は透明性や法の支配、高度な自治を保障した中英共同宣言の約束と矛盾した行動を取り続けている。」 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最優先すべき経済活性化

新型コロナウィルスの影響から選挙を延期する国が相次ぐ中、2020年4月15日水曜日に韓国は総選挙に踏み切った、と2020年4月20日月曜日の日本経済新聞が報道しています。革新系与党『共に民主党』の圧勝で文政権は求心力を高めましたが、国政運営はなお難路が続きます。最大の課題は経済です。危機克服に向け、革新政権ならではのジレンマを抱えていま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

半導体景気指標

半導体受託生産の世界最大手・台湾積体電路製造(TSMC)は2020年4月16日木曜日、2020年の12月期の連結売上高が前期比で15~18%増えるとの見通しを明らかにした、と2020年4月17日金曜日の日本経済新聞が報道しています。新型コロナウィルスの影響で2割増とした1月時点の予想を下方修正しましたが、依然として強気の姿勢を崩しません…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察改革と南北緩和

2020年4月15日水曜日に投開票される韓国総選挙で、革新系与党は定数の6割を占める180議席を獲得して圧勝した、と2020年4月17日金曜日の日本経済新聞が報道しています。巨大与党の誕生は、任期満了まで2年を残す文大統領の求心力を支えています。文氏は、悲願の検察改革や南北融和に注力するほか、次期大統領の候補者選びへの影響力を強めそうで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラブとゴジェック

東南アジアの二台配車サービスとしての、グラブとゴジェックが、苦境に立たされている、と2020年4月16日木曜日の日本経済新聞が報じています。新型コロナウィルスの感染拡大で、3月下旬のインドネシアの利用者は2ケタ減りました。逆風下でも、両社は社会的な責任から運転手の支援に動かざるを得ません。コロナ後の需要回復に先手を打つ狙いもありますが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港エクスプレス

香港の格安航空会社(LCC)の香港エクスプレスは2020年4月15日水曜日、4月末までとしていた全便運休を6月18日まで続けると発表した、と2020年4月16日木曜日の日本経済新聞が報道しています。新型コロナウィルスの感染状況やアジア各国・地域の渡航制限を踏まえ、早期の運航再開は難しいと判断したためです。同社は地方を含め、日本の10都市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

華新科技(ワルシン・テクノロジー)

2020年4月15日水曜日の台湾株式市場で抵抗器などの電子部品を生産する華新科技(ワルシン・テクノロジー)が大幅に続伸した、と2020年4月16日木曜日の日本経済新聞が報じています。前日比10%高の198台湾ドルまで買われ、約1ヶ月ぶりの高値を付けました。同社の顧立荊・副薫事長が14日の投資家向けイベントで先行きの受注に楽観的な見方を示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1992年以来の高い選挙の投票率

韓国の国会議員を決める総選挙が2020年4月15日水曜日に投開票されました。全国に約1万4000千箇所の投票所が設けられ、投票率は暫定値で66.2%と1992年以来の高水準であった、と2020年4月16日木曜日の日本経済新聞が報道しています。新型コロナウィルスの感染予防のため、厳戒態勢の中で投票風景も様変わりしたとのことです。 「1メ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASEAN首脳らテレビ会議

東南アジア諸国連合(ASEAN)と日本、中国・韓国の首脳は2020年4月14日火曜日、新型コロナウィルスの感染拡大を巡りテレビ会議を開いた、と2020年4月15日水曜日の日本経済新聞が報道しています。ASEANがコロナ対策で新たな基金を設ける方針を固めました。日中韓も出資する基金から資金を振り分けます。調査キットや医療物資の調達などに充…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ対策ランキング

2020年4月12日日曜日の日本経済新聞紙上で、コロナ対策ランキングについて報道されています。 イスラエル最大級の病院であるシェバ病院で、アーノン・アフェク副委員長は、新型コロナウィルス関連の最新の論文を読むのが朝の日課だったそうです。ところが、副院長はそれをやめました。新しい論文が次々と公開され、多すぎて読み切れなくなっただけではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人種差別攻撃か?情報工作か?

世界保健機構(WHO)のテドロス事務局長が台湾から人種差別攻撃を受けたと主張した問題を巡り、台湾当局が2020年4月10日金曜日に記者会見し、 「台湾が実際に攻撃したように見せかけるため、中国が情報工作を行った。」 と表明した、と2020年4月11日土曜日の日本経済新聞が報じています。一方の中国側は台湾がWHOを攻撃していると批判し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ給付競う与野党

2020年4月10日金曜日に入り、15日投開票の韓国総選挙は終盤戦に入りました。政党やメディアからの中間情勢によると、革新系与党に追い風が吹くようです。新型コロナウィルスを巡る文政権の対策が有権者の支持を受ける一方、保守系野党は経済や安全保障などの争点を築けていません。投票率の低下も取り沙汰されますが、各党は意思表示を明確にしていない浮…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

相次ぐ有名ブランド店の閉鎖

世界の高級ブランド店がひしめく香港で、店舗の大量閉鎖の動きが加速してきた、と2020年4月10日金曜日の日本経済新聞が報道しています。高級時計店のほか、2月には伊『プラダ』、4月には伊『バレンティノ』が相次いで旗艦店を閉鎖しました。昨年始まった大規模な反中デモで観光客が激減し、新型コロナウィルスの感染拡大が決定打となりました。世界一外国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾のスマホ向け工場稼働率低下

台湾部品大手のラーガン・プレシジョンの林恩平最高経営責任者(CEO)は、2020年4月9日木曜日、2020年1~3月期の決算発表で電話会議を開き、スマートフォン向けの需要が今後減退し、 「4~6月期に工場稼働率が下がる。」 との見通しを明らかにした、と2020年4月10日金曜日の日本経済新聞が報道しています。同社はスマホ向けカメラレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポールの外国人労働者

シンガポール政府が低賃金の外国人労働者が住む複数の会社寮を隔離下に置いた、2020年4月10日金曜日の日本経済新聞が報じています。対象は2万人超と異例の規模です。寮で新型コロナウィルスの感染拡大が急速に広がったことによる措置ですが、浮き彫りになったのが労働者の貧弱な居住環境です。寮の外見は通常のマンション群に似ています。ですが、建物の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遠のくV字回復、帳消しの5G期待

韓国サムスン電子の2020年の復活シナリオが遠のいてきた、と2020年4月8日水曜日の日本経済新聞が報道しています。新型コロナ7ウィルスの感染拡大を受け、主力のスマートフォンの今年の出荷が数千万台程度減ることが予想されるためです。スマホが落ち込むと、関連の半導体やディスプレーなど大半の事業も落ち込むのが弱みです。7日の決算発表に前後し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

公共交通の停止

香港とマカオを結ぶ公共交通機関が全て停止したことが7日までに分かった、と2020年4月8日水曜日の日本経済新聞が報じています。フェリーやヘリコプターに続き、海上大橋『港珠澳大橋』を通るシャトルバスも運休になりました。新型コロナウィルスの感染拡大を受け、旅行客が激減したためです。香港とマカオの行き来は、当面難しくなり、マカオを支える年間4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ASEAN主要五ヶ国の経済

日本経済新聞社と日本経済研究センターがアジアのエコノミストに経済見通しを聞く『アジア・コンセンサス』で、東南アジア諸国連合(ASEAN)主要五ヶ国の2020年の実質国内総生産(GDP)伸び率予測は2.7%と2019年12月の前回調査から1.5ポイントの下方修正となったことが、2020年4月7日火曜日の日本経済新聞で報道されました。新型コ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナンヤ・テクノロジー

2020年4月7日火曜日の台湾株式市場では、半導体メモリーDRAM大手のナンヤ・テクノロジーが急伸した、と2020年4月8日の日本経済新聞が報じています。3月16日以来、ほぼ3週間ぶりの水準まで上昇し、同社が前日発表した3月の売上高は、前年同期比44%増の53億5500万台湾ドルと、2018年11月以来1年4ヶ月ぶりの高水準となりました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンヨン自動車

韓国のサンヨン自動車が不調で、2020年4月6日月曜日、韓国株式市場ではサンヨン自動車は反落した、と2020年4月7日火曜日の日本経済新聞が報道しています。6日朝方には既に前週末比275ウォン(18.6%)安の1200ウォンまで下がっています。親会社でインド自動車大手のマヒンドラ・アンド・マヒンドラが3日、経営支援を断念すると発表しまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サムスンバイオ

バイオ医薬品受託生産の韓国サムスンバイオテクノロジクスは、台湾企業と提携してアルツハイマー治療薬を開発することになった、と2020年4月7日火曜日の日本経済新聞が報道しています。バイオ医薬品の受託開発(CDO)と呼ぶ事業で、治療薬の生産工程の開発、臨床試験をサポートします。 サムスンバイオは、受託生産だけでなく受託開発にも進出し、技術…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンギ空港

シンガポールのチャンギ空港は、4つある旅客ターミナルのうち、第2ターミナルを2020年5月1日金曜日から1年半閉鎖することになった、と2020年4月7日火曜日の日本経済新聞が報じています。更に、第4ターミナルの閉鎖も検討している、とのことです。新型コロナウィルスの感染拡大で旅客便が激減したのを受け、運営を縮小してコストを削減します。第2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在韓米軍無給休職

2020年以降の在韓米軍駐留経費を巡る米韓の交渉が難航している、と2020年4月4日土曜日の日本経済新聞が報道しています。両国間の協定は、2019年末に期限が切れており、4月1日からは、米軍基地の韓国人労働者約4000人が無給休職に追い込まれました。韓国内では、前年比で5倍近い要求を突き付けた米国側への不信感が強くなっています。期限切れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シンガポールのコロナ対策

シンガポールのリー・シェンロン首相は、2020年4月3日金曜日、新型コロナウィルスの感染拡大を抑えるため約1ヶ月間、学校と大部分の職場を閉鎖すると発表したことが、2020年4月4日土曜日の日本経済新聞で報じられました。スーパーや外食、銀行など生活に欠かせない業種は営業を続けます。国民に不必要な外出の自粛を求め、感染拡大が制御不能になるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国総選挙

2020年4月15日水曜日投開票の韓国総選挙は2日に本格的な選挙戦がスタートした、と2020年4月3日金曜日の日本経済新聞が報道しています。任期後半に入った文政権の中間評価が問われる一方、有権者の関心は、新型コロナウィルスの収束見通しや経済の先行きに集中しています。革新と保守の対立色が薄まる中、ソウル市中心部では『ポスト文』をかけた与野…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界知的所有権機関(WIPO)

『知財の番人』と呼ばれる国連の専門機関・世界知的所有権機関(WIPO)の次期事務局長に、シンガポール特許庁長官のダレン・タン氏が選出された、と2020年4月2日木曜日の日本経済新聞が報じています。日米欧が推すタン氏が中国人候補を破ったことを、欧米メディアは『トランプ政権の勝利』などと報じました。これに対し、シンガポールの著名な元外交官ト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

製造業PMIの急落

新型コロナウィルスの感染拡大で、東南アジア企業の景況感が急速に悪化している、と2020年4月2日木曜日の日本経済新聞が報道しています。IHSマークイットが1日発表した3月の東南アジア諸国連合製造業PMI(購買担当者景気指数)は43.4と、2012年7月の調査開始以来、最低となりました。各国政府は、感染者の増加ペースを抑制するため、企業活…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観光依存型経済

アジアの新興国は先進国に比べ、経済への観光収入の貢献が大きいようです。世界旅行ツーリヅム協議会(WTTC)によると、国内総生産(GDP)に対する観光業の寄与率は2018年でフィリピンが25%、タイは22%に上る、と2020年4月2日木曜日の日本経済新聞が報じています。世界全体や欧州連合(EU)は10%、日本は7%に留まります。東南アジア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港の銘柄と飲食店

久しぶりに香港の様子をお伝えしていきたいと思います。 2020年4月1日水曜日の香港株式市場で、旅行やテーマパーク運営などの香港中旅国際投資が反落しました。一時は前日比5.2%安の0.92香港ドルを付けました。3月31日に発表した2019年12月期決算は、純利益が前期比44%減の3億8688万香港ドルでした。新型コロナウィルスの感染拡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more