テーマ:世界文学

ダイアナの寂しさ

マリラが、アンに大学に進学するように伝えると、その翌日、マリラは早速レイチェル・リンド夫人を呼びましたし、アンは、小学校に辞表を提出しました。リンド夫人は、いたずら小僧のディヴイの面倒をみるのはよいが、質問攻めにあったら、アンのようには答えられない、と言いますし、アンが小学校をやめることを知った子供たちは、皆発狂したように悲しみました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アン、大学へ

5月23日の例のあの嵐ですが、アボンリー中の家々のガラスが割れて、普段皆から頼りにされていたガラスのお店でも、全くガラスが買えなくなってしまいました。ギルバートは、嵐の後、アンの家を訪れて、マリラやアンと、嵐について話をしました。アボンリー中の家々が、嵐で被害を受けましたが、中には、レビ・ボウルダーという人のボロ家のように、雷で焼けてし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初夏の嵐

ある年の5月ですが、「アボンリー通信」の記事の中に、チャーリー・スローンとギルバート・ブライスが、灰色の眼の想像力豊かな一女性を巡ってさやあてをやっている、という内容が出ました。想像力豊かな女性、というのは、アンのことですが、しかし当のアンは、5月23日になると、アボンリー小学校の生徒たちと共に、嵐にみまわれました。この日はやけに蒸し暑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポール・スティーブン

アンの教え子の中には、ポール・スティーブンという利口な男の子がいましたが、なんとこの子が、ラベンダー・ルイスのかっての婚約者に似ているという噂が立ちました。ルイスさんの婚約者だった男性は、ルイスさんではない女性と結婚して、ポールを授かったというのです。 ルイスさんから話を聞いたアンは、すぐにポールをルイスさんに会わせました。 以上
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベッドの悪い側

ベッドの悪い側というのは、どちらだと思いますか? デイヴィ・キースはある日、悪い側から下りて、その日一日調子が悪かったそうです。 以上
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラベンダー・ルイスとの別れ

ラベンダー・ルイスとシャーロッタ四世と別れて帰途についたアンとダイアナでしたが、翌日、アンの方は、マリラにルイス夫人のことを色々と聞かれました。兎に角彼女の家は、ラベンダーの花がいっぱいで、彼女はその両親の素敵な思い出と共にずっと生きてきたようなのです。 ルイス夫人との素敵な一日を終えたアンには、再びあのデイヴィ・キースと戦う日々が準…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一作品ごとの中心人物

エラ・キンブルの代わりに、アンとダイアナをお茶に招待することになったラベンダー・ルイスですが、アンの将来のおばあさん的な性格の女性であったようです。自分の使用人の下女を、「シャーロッタ四世」と読んだりする面白いところがあるようです。 「アンの夢の家」では、ジム船長が、その作品の中心人物でしたが、「アンの青春」ではらどうやらこのラベンダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

素敵な老婦人との出会い

そもそも、アイリーン・トレントが町から来るからと、アンとダイアナをお茶に招いたのは、アイリーンの従姉であったエラ・キンブルでした。しかし、不運なことに、アンとダイアナは、馬車が一つも空いていなかったために、徒歩で道を急いで、道を誤ってしまいました。 そこで、アンとダイアナは、丁度道を誤った先で、ミス・ラベンダー・ルイス、という老婦人の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

獅子っ鼻の少女

エラ・キンブルの家に向かう道中で、道を誤ったアンとダイアナは、まるでお伽の国を旅しているような気持ちになっていきました。歩いている中で、お二人は家にたどり着くと、なんと、金髪で口の大きい、獅子っ鼻の少女が出てきて、二人をもてなしました。 以上
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミス・ラベンダー・ルイス

アンとダイアナは、アイリーン・トレントの家へ歩いていくはずが、ミス・ラベンダー・ルイスの小さな石の家に迷い込んでしまったのです。 以上
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誤った道

「アイリーン・トレントが来る。」と言ってはしゃいでいたダイアナですが、『アンと一緒にお茶にいらっしゃい。』と言われたので、有頂天になっていたのです。馬車が塞がっていたために、歩いて行くことにしたアンとダイアナでしたが、何と、出かけていく道中で、案の定、道を間違ってしまったのです。こういう時の徒歩は、本当に不利なものです。 以上
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アイリーン・トレント

アンが勤務する學校では、9月から新学期が始まり、アンとマリラは相変わらずデイヴィとドラの面倒見に追われていましたが、10月に入ったある金曜日、「アイリーン・トレントが来る。」と言って騒ぐダイアナがアンを訪ねてきました。この日、カスバート家の馬車も、ダイアナの家の馬車も全て埋まっていましたが、丁度徒歩で行ける場所だったので、ダイアナの希望…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤鼻のアン

マリラが外出する間、デイヴィ・キースはハリソン氏の家に行っていたので、アンにはいつもの面倒はありませんでしたが、自分の花のそばかすを気にしてローションを塗ったつもりが、マリラの使用していた染料と間違って鼻に塗ったために、アンの鼻は、真っ赤になりました。折しも、アンはミセス・モーガンが再びこの瞬間に、自分の家を訪れてくれるとは、夢にも思っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そばかす

アンはどうも、自分のそばかすを気にしすぎたようです。マリラの留守中に問題を起こすのは、デイヴィ・キースではなく、アンの方であったようです。 以上
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハリソン氏とデイヴィ

ギルバートからからかわれることから解放されたアンは、再びデイヴィ・キースの面倒をみることになります。マリラは、ドラを連れて、リンド夫人と出かけることになったため、アンは、デイヴィと留守番することになりました。デイヴィは、アンと二人きりになることを喜ぶように思えたのに反し、デイヴィはハリソン氏のことを慕い始めました。この一筋縄ではいかない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギルバート

問題児のデイヴィ・キースの次に、継母を迎えなければならないポールの面倒を見なければならないアンの前に、何故かまた男性が登場します。小学校の教員になったアンは、自分がまだ小学生だった時のように、白板でギルバートの頭を叩きつけるということさえしませんが、ギルバートは、アンが教員になってからもずっとアンのことをからかい続けているようです。この…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポールとディヴイ

ミセス・モーガンの件が漸く一段落したところで、アンは、ポール・アーヴィングという少年の家を訪問しました。ポールは、父親がそろそろ再婚しそうな雰囲気があって、本人はあまり心穏やかでない日々を送っていたようですが、自分の先生であるアンのことが大好きだったので、アンの訪問を大層喜び、はしゃいで様々なことをアンに話しました。 アンは、喜びにあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンの失敗と嘆き

ミセス・モーガンを来客に迎えることになったアンが、どうも失敗しそうだと感じた私の予想は、残念ながら見事に的中してしまいました。アンが張り切って迎えたその日、何とミセス・モーガンはついに来ず、アラン夫妻とミス・ステイシーしか来なかったのです。おまけに、ショックでボーとなってしまったアンは、さやいんげんを、ダイアナとマリラと重ねて砂糖を入れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミセス・モーガン

さてある日、アンは、ミセス・モーガンを家に招くことになり、彼女を迎える準備におおわらわとなりました。ダイアナにも手伝って貰って、食事の支度や部屋の飾りつけに躍起になっています。 でも昔、アンがワインで大それた失敗をした経験があることを知っている人は、あまり今のアンを安心して見守ることはできないのではないでしょうか? 以上
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デイヴィとドラ

アンは、小学校の教師として働くのに並行して、アボンリー改善協会のためにもボランティアをする中、ダイアナ達と楽しく過ごしている反面、ディヴィ・キースといういたずら小僧の面倒も見なければなりません。 ある時、ディヴイは、アンの膝に乗りながら、「僕、すごくお腹が空いたよ。何とかしておくれよ。」と言ったのです。私は直感的に、なんて生意気な奴だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墓参りの少年

アンは色々なことが一段落したので、ある日、マシュウの墓参りに行きました。その墓参りの場所で、またしても自分の生徒に会いました。先生であるアンのことを好きな、男の子でした。 以上
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誕生祝い

アンソニー・パイやデイヴィー・キースのようないたずら小僧たちを相手にしなければならなかったかと思うと、生徒たちの自分への手紙をたくさん読まなければならなかったりと、アンの周囲は常に目まぐるしく変化していたのですが、休暇前になって、ダイアナを始めとしたアンの友人たちがアンの誕生祝いをしてくれることになりました。 そうした中でも、アンはリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生徒たちからの手紙

アボンリー小学校の先生になったアンの下には、生徒たちからの手紙が寄せられていました。アンに好意を寄せる生徒は非常に多く、アンは喜びのあまり、親友にその手紙を紹介しています。アンソニー・パイやデイヴィー・キースでさえ、アンにはきちんと手紙を寄せていました。 しかし、そんなある日、生徒らを正しくしつけようとするあまり、アンは花火を教室に持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪ガキ

マリラがデイヴィとドラを預かったものの、いたずら小僧のディヴィは、まだ六歳で、善悪の区別が分からず、妹を家の外の別室に閉じ込めてしまうことが、何を意味するのかなど、全く分かりません。むしろ刺激を求めて、ドラやアンが困るのを、楽しんでいるようにさえ見えます。こんな悪ガキの将来に良いことなどあろうはずもない、と私は考えていますが、ディヴィの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペンキ塗りへの伝達ミス

「アンの青春」で、アンがギルバートやダイアナと一緒に立ち上げた、アボンリー改善協会は、古い教会のペンキ塗りで、一応改善作業が終わる筈だったのですが、緑に塗るべき屋根が、何と青に塗られてしまって、アン達は、がっかりし、リンド夫人などは大騒ぎしました。青に塗られてしまった原因は、ペンキ塗りに色の指示を出す際の伝達ミスでした。 以上
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リンド夫人を嫌うハリソン氏

かって、アンも赤毛のことを言われた時には、烈火のごとく怒り、リンド夫人に、相当な癇癪持ちだと言われたものでしたが、リンド夫人と親しくなったアンには、冷静な気持ちで考えれば、リンド夫人の短所さえ、長所に移るようでした。それは、リンド夫人と親しかったマリラの教育の賜物だったのです。 勤務していた学校で、アンソニー・パイとデイヴィー・キース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いたずら小僧

アボンリーでは、ついにマリラが双子を引き取ります。デイビー・キースとドラ・キースという、兄と妹ですが、この兄の方が、またどうしようもないいたずら小僧だったのです。デイビーは、妹ドラの髪の毛を毎日のように引っ張っては、泣かせていましたので、マリラとアンは、常に厳しくデイビーを、「紳士は、女の子の髪の毛を引っ張ったりしないものだ。」と言って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンの教師生活

「アンの青春」で、ギルバートやダイアナらと共に、アボンリー改善協会を運営するアンは、教師として身を立てていましたから、村の小学校に赴任し、早速問題児と出会います。アンの母親代わりであったマリラも一緒になって、アンと共に悩みを分かち合いました。 以上
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アボンリー改善協会

「アンの青春」では、アボンリー改善協会という、アボンリー村の小学校出身者たちで結成された面白いボランティア協会が登場します。メンバー構成としては、会長がギルバートブライス、副会長がフレッド・ライト、書記がアン・シャーリー、会計がダイアナ・バーリー、となっていたそうです。村の道の端に、ポインセチアの花を咲かせたり、協会の建物をボランティア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三人の九月一日

ある年の8月31日、ジェイン・アンドルーズ、ギルバート・ブライス、アン・シャーリーの3人が、森の小道の街道あたりで会いました。なんと、この3人は、翌日9月1日に、先生としての出発を始めるのです。ジェインとアンは、小学校の先生、ギルバートは医師としてでした。 以上
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more