テーマ:AI

ビットコインの高騰

2018年1月22日月曜日の日本経済新聞でも、暗号通貨の明暗について報じています。暗号通貨は現在日本では、仮想通貨と呼ばれています。 周囲の友人たちが購入する話を聞き、高騰し続けるビットコインの安易な儲け話に心を躍らせて50万円程投じたら、開設した口座に、翌日には10万円が増えていた。 そんなおいしい話だけではなく、ビットコインが暴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スコアリング

スコアリングという、人工知能などを使い、個人の信用力を数値で示すサービスが今、話題を呼んでいることを、2019年4月22日月曜日の日本経済新聞が報じています。収入や借金の情報などをもとにその人の情報が数値化されていき、融資を優遇的に受けられるかどうかが、決まっていきます。しかし、数値化されて思うように融資を受けられない人は、貧困化し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AI金融とOCBC

シンガポールの大手銀行である、オーバーシー・チャイニーズ(OCBC )銀行がこのほど、AIを使った金融サービスを開発する専門部署を設立した、と2018年3月20日の日本経済新聞が伝えています。今後3年間に1000万シンガポールドルを投資し、効率化や新な収益源の確保に繋げ、AIに強い行員の育成・増員を目指すそうです。 OCBC は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の無人店舗

イオンは、中国のIT企業と合併会社を設立し、AIで管理し、レジに人を配置しない無人店舗やスマートショッピングセンターの開発に乗り出しています。イオンとしては、新型店舗の進出で圧倒的な有意を誇るアマゾン・ドットコムなどに対抗する考えがあるのだと、2018年3月19日月曜日の日本経済新聞は伝えています。しかし、ショッピングセンターでレジに並…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

事務用ロボットの普及

日本企業のオフイスに自動化の並が押し寄せています。事務用ロボットの稼働です。自動化されたソフトウエアは、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)と呼ばれています。大企業は皆競って、このRPAの採用に踏み切っています。 三菱東京UFJ銀行は、保険申し込み内容の照会などに採用し、今月中に100業務、最長六年で2000業務に広げる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

効率化と近代化の加速

ツルハホールディングスをはじめとして、日本国内の大手ドラッグストアが、2025年までには、全ての店舗で無人レジを導入する方針となりました。去年から既に何度も騒がれているAI 搭載のレジです。このAI 搭載レジにより、医薬品や化粧品等にICダグを貼り付けて、カゴに入れたままでも一括で読み取り可となります。効率化を加速させるためであるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人間の在り方

2018年2月9日金曜日の日本経済新聞には、またAI のことが盛んに載っていました。 三井住友海上火災保険が、自動車事故の損害を、AI によって判定するシステムを開発し、ツーシグマは、AI やビックデータを駆使した金融商品に投資し、日本にも進出してくるそうです。AI がどこまで人間を越えるのかは、まだ不明ですが、AI より一つ上の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more