仏ルノーの新体制

2019年1月25日金曜日の日本経済新聞では、24日木曜日に、フランス自動車大手ルノーが、ゴーン被告が退任した後の新体制について発表したと報じられました。ゴーン被告の後任となったのは、仏タイヤ大手ミシュランのジャンドミニク・スナールCEOだということです。
スナール氏については、素晴らしい経営者だ、という評価が多いとのことですが、最高の権力を握った人が、ゴーン被告のような結末を迎えるのは常のことなので、スナール氏が真にどのような人材かは、これからじっくりと成り行きを見守るしかないと考えます。
以上

"仏ルノーの新体制" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント