華新科技(ワルシン・テクノロジー)

2020年4月15日水曜日の台湾株式市場で抵抗器などの電子部品を生産する華新科技(ワルシン・テクノロジー)が大幅に続伸した、と2020年4月16日木曜日の日本経済新聞が報じています。前日比10%高の198台湾ドルまで買われ、約1ヶ月ぶりの高値を付けました。同社の顧立荊・副薫事長が14日の投資家向けイベントで先行きの受注に楽観的な見方を示したと伝わり、業績の回復を期待する買いが集まりました。経済日報などの台湾メディアが伝えているのは、新型コロナウィルスの感染拡大で、パソコンやルーターなど住宅勤務やオンライン学習に使う機器向け製品の需要が増えており、顧立荊・副薫事長が、
「受注は5月まで一杯。」
と語っている、ということです。次世代通信規格「5G」基地局や5G携帯向けも好調で、1~3月期が50~60%だった工場の稼働率は足元で80~90%に回復している、とのことです。

https://youtu.be/rbPB8tnKAGg

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント