ナンヤ・テクノロジー

2020年4月7日火曜日の台湾株式市場では、半導体メモリーDRAM大手のナンヤ・テクノロジーが急伸した、と2020年4月8日の日本経済新聞が報じています。3月16日以来、ほぼ3週間ぶりの水準まで上昇し、同社が前日発表した3月の売上高は、前年同期比44%増の53億5500万台湾ドルと、2018年11月以来1年4ヶ月ぶりの高水準となりました。販売好調を好感する買いも入りました。1~3月期の売上高は、前年同期比27%増の144億1800万台湾ドルです。地元メディア報道によると、ナンヤ・テクノロジーは、3月の増収について、主力のDRAMの出荷個数が増えた上、販売価格も上昇したと説明しました。背景としては、オンライン教育や電子商取引需要の拡大に伴い、サーバーやノートパソコンの需要も増加し、取引先の部品購入意欲が増したことがある、とのことです。

https://youtu.be/-IcZEj9RN_I

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント