欧州議会選へ向けての動き

英国が、EU離脱を巡って揺れる中、2019年1月22日火曜日に、ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領が、56年ぶりとなる新たな友好条約に調印したことが、2月1日金曜日の日本経済新聞で報道されました。しかし、この友好条約も、来る5月の、欧州議会選挙を意識してのことであり、真に独仏が足並みを揃えようとしてしているわけではなく、真の友情から起こった行為ではないのです。
そもそも、アイルランドの国境問題を巡る国の危機に発展する懸念のあった、英国のEU離脱の事態がなぜ起こったのか、から追及しなければならないのではないでしょうか?
以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック