リンド夫人を嫌うハリソン氏

かって、アンも赤毛のことを言われた時には、烈火のごとく怒り、リンド夫人に、相当な癇癪持ちだと言われたものでしたが、リンド夫人と親しくなったアンには、冷静な気持ちで考えれば、リンド夫人の短所さえ、長所に移るようでした。それは、リンド夫人と親しかったマリラの教育の賜物だったのです。
勤務していた学校で、アンソニー・パイとデイヴィー・キースがアンにとっては、悩みの種でしたが、リンド夫人を嫌って、彼女の悪口をアンにいつも行ってくるハリソン氏は、二人のいたずら小僧に増して、付き合いにくい相手であったようです。

https://www.youtube.com/watch?v=1xVTknSRGfo

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック