日仏三社連合の行方

2018年11月19日月曜日、週初めからいきなり、日産自動車の大黒柱であったカルロス・ゴーン氏が、金融商品取引法違反の疑いで逮捕されました。また同氏は、22日木曜日には日産の取締役会で会長を解任されます。日本経済新聞を初めとした各メディアの報道で、当然ながら社会的に大きな衝撃が走りました。
日産自動車は、三菱自動車や仏ルノーとの三社連合で、2020年までの中期計画を進めている真っ最中であり、21日水曜日にはフランスのルメール経済・財務相が記者会見で22日に、フランスを訪れる世耕弘成経済産業相と会談して、今後の三社連合継続について協議する予定であることが報じられました。
しかしながら、株価連動報酬や、会社負担で四ヵ国に自宅を持つなど、カリスマ経営者の犯した過ちを、誰も穴埋めすることができない恐ろしい事実と、巨額の金額の動きを、誰もどうにもできないではないか、というのが皆の正直な気持ちではないでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=AL-KOhgGnaY
 
以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック