日米の関税問題

2018年9月25日火曜日夜、茂木経済財政省と米国通商代表部のライトハイザー氏は、米ニューヨークで貿易問題を巡って、約1時間会談し、関税を含む、二国間協議入りを話し合いました。茂木氏は、会談終了後、記者団に「両国の貿易促進政策などは基本的な認識が一致した。」と語りました。
そして、2018年9月27日木曜日未明、ニューヨーク内のホテルで、トランプ大統領と約1時間15分会談し、関税を含む二国間協議である「物品貿易協定」(TAG)の交渉開始で合意しました。関税というのは、輸入品にかけられる税です。協議中は米国が検討している自動車への追加関税は発動しないことを確認しました。年内にも担当閣僚が協議し、具体的な交渉項目を詰め、年明けに本格交渉入りする見通しとのことです。
以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック