アンにとってのクリスマス

ギルバート・ブライスと結婚するために、アボンリー村を出て、海辺のグレン・セント・メアリー村にある夢の家で、新婚生活をおくっていたアン・シャーリーでしたが、アンが28歳で秋頃結婚したその年、クリスマスになると、アンの母親代わりであったマリラとその友人のレイチェル・リンド夫人が、二人でギルバートとアンの新居を訪ねてきました。世話好きなリンド夫人は、干し葡萄入りのプディングを沢山持参しました。このプディングとガチョウが、この日のブライス一家のごちそうだったのです。
ブライス家の食事に必ず招待されるのが、ジム船長でした。この夜も、アンは美味しいごちそうと楽しい一夜を過ごしたのです。今週は、2018年8月2日木曜日にいつもの週より遅れて動いている枕紫智でした。

https://www.youtube.com/watch?v=gK8fzqndHVg

以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック