米中取引

2018年3月28日水曜日の日本経済新聞は、米国の輸入制限に対する中国の対米取引が、山場を向かえたことを報道しています。通商拡大法232条による、鉄鋼25%、アルミニウム10%の高関税は、既に23日に、発動されています。通商法301条による方は、情報通信機器など1300品目を検討中です。関税発動を避けられるかどうか、中国側は、腰を低くして、交渉を続けています。米ムニューシン財務長官は、25日の米FOXテレビで、中国の副首相と24日に電話協議したとのことです。中国がいくら腰を低くしても、米国の要求する貿易赤字削減に実際に繋がらなければ、全てが水泡に帰す可能性が高いだけに、中国側として緊張を緩められないところなのではないでしょうか?
以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック