アマゾンとイーベイ

アマゾンジャパンが、物流費の上昇や、システムの維持費などの負担のために、利用者から協力金を求めていたことが、2018年2月26日月曜日に判明しましたが、米イーベイに比べるとアマゾン・ドット・コムは、扱う商品も多く、有望視されてきました。しかし、3月1日木曜日の日本経済新聞が伝えるのは、米イーベイが日本の電子商取引市場に再参入しようとしていることです。物流事情等で以外と苦戦している強敵アマゾンの裏をかこうとしているのでしょうか?
以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック