円高・ドル安

現在の世界経済のトレンドは、円高・ドル安ですが、この震源は、専ら米国発のドル売りにあります。
みずほ銀行の唐鎌大輔氏は、「為替市場のテーマは、米財政赤字拡大などを受けたドル安で、日銀の手で止めるのは難しい。」と見ています。
大体、誰もがいざとなると、「これは、自分の所為ではない。」「これは、自分にはできない。」「私が何かをしてできる問題ではない。」などとと簡単に無責任になりますが、今の米国・トランプ大統領の暴走を止めることができる人はいないと思います。人が止まられないのなら、何か神ががり的な出来事で、トランプ氏には脅しをかけるしかありませんが、残念ながら、今はそうした超越的な出来事さえ、うまい具合には起こってくれません。
兎に角今は、トランプ政権が進める大型減税、国防費の増加、インフラ投資が市場に財政悪化を意識させ、ドル売りが勢いづいています。市場では、1ドル=100円割れの世界が現実味を帯びてきているのです。日本は日本で、なかなかデフレ脱却ができていません。そうした中で、日本銀行の黒田東彦総裁の続投が固まることは、自民党の政権を維持することに貢献しているだけとも受け取れます。
以上

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック