中国経済の明暗

日本が提供する、スマートフォン製造のための優秀な部品で、既にかなりの年月高成長率を維持してきたとされる中国経済ですが、2018年1月26日金曜日の日本経済新聞では、内モンゴル、天津、重慶などで、2016年の経済統計が水増しされた数値であった事実が判明した旨報道されました。
円高・ドル安の経済情勢の中で、IMF が打ち出した世界経済の各国経済成長率数値を、全般的に大きく揺るがしていくことになりそうです。
以上

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック